【大阪ホテル宿泊記】大阪で1番!?オシャレなブティックホテル★THE BOLY OSAKA

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

今日ご紹介するホテルは、大阪・北浜にある『THE BOLY OSAKA』です。

前回紹介してる《ザ・ロイヤルパークキャンバス》も同じ北浜で徒歩圏内ですが、こちらのホテルは土佐堀川沿いに面しているので、ロケーションが抜群に良いです!ホテルの1階には有名なカフェBrooklyn Roasting Company(ブルックリンロースティングカンパニー)』が入ってますが、その他にもホテルの近くには人気のカフェがいっぱい!

カフェ巡りがめちゃくちゃ楽しい場所です。

宿泊予約の詳細

今回は【go to トラベルキャンペーン】の利用と併せて、ホテルが宿泊キャンペーンをされていた時に応募していて、笑
キャンペーンは残念ながら外れたけど、その時に頂いたクーポンを利用しました。

頂いたクーポンは、室料20%OFFになるという事とgotoキャンペーンと併用が可能でとってもお得に宿泊する事が出来ました。

また予約サイトからだと各サイトのポイントや、タイミングによってはクーポンが出てたりするのでお得かと思います。

宿泊プラン

ホテルのHPより直接予約をしました今回のプランが、《嬉しいアメニティプラン★朝食無料「GoToトラベルキャンペーン割引対象」》というプランで、1日3組限定のプランでした。

内容は・・・

  • Maison Margiela「REPLICA (JAZZ CLUB)」のバスアメニティ、通常の4点セット(シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ソープ)に加えて、このプラン限定でボディクリームを含めた5点セット。
  • 雪肌精スキンケアセット(セット内容:クレンジングオイル、洗顔料、化粧水、乳液)
  • お部屋にオリジナルバスローブがセット
  • 朝食は、ホテル別館にある提携レストラン「OPTIMUS CAFE」での朝食付きでした。

というプランで、私がこのホテルで楽しみにしている事を詰め込んでくれている嬉しい内容でした。

宿泊費用

私の宿泊日が平日でした。宿泊日でお値段の変動はありますが、今回の費用は、通常の価格が¥25,500のプランでした。

そこからホテルのクーポン20%OFF+go toキャンペーン35%OFFに大阪の宿泊税が加算され、お支払いは¥13,460でした。

ほぼ半額!めちゃくちゃお得でした。

THE BOLY OSAKA(ザボリーオオサカ)

2019年3月にオープンされた『THE BOLY OSAKA』は、古いビルをリノベーションされたホテルで、
洗練されたインテリアやデザインなどとにかく1つ1つどこを切り取ってもオシャレ!

ここは大阪じゃなくニューヨークかな?と錯覚してしまいます。笑
いや、本当に😅

アクセス

最寄駅は京阪又は大阪メトロ・堺筋線の北浜駅。北浜駅からは5分程です。

また、大阪メトロ・御堂筋線の淀屋橋駅からも8分程で到着します。

淀屋橋駅から北浜駅は地下道で繋がっているので、御堂筋線使う方が便利な方はわざわざ乗り換えなくても淀屋橋駅から歩いて来れる距離かと思います。

ライオン橋から2〜3分

宿泊したお部屋

宿泊したお部屋は【Riverview Double(リバービューダブル)】テラス付のお部屋です。

私はずっとこちらのホテルに泊まってみたいなぁ。と思っていたのですが、その中でもこのお部屋がとても気になっていて、今回こちらのお部屋を選びました。
※理由はアメニティとテラス。

最近のホテルでこのサービスはなかなか見かけないので、とっても嬉しかった手書きのウェルカムメッセージ。
小規模なホテルだからこそのおもてなしに入った瞬間からテンションあがります。

家具はもちろん、その配置や小物まで全ての物にこだわりを感じてとても素敵なお部屋です。

ちょっとした箇所で、「あ、ここ大阪だったんだ笑」って思いだすこのセンス。

パジャマはオリジナルのパジャマで、コットン100%の着心地がとっても良かったです。販売もされていました。

バス・トイレ

私が宿泊したお部屋のバスはシャワーブースのみでした。

洗面台は広いしシャワーブースでは、Bluetoothに対応していてスマホの音楽なんかも聴けちゃいます♫

通常はこちらのお部屋タイプにはこのバスローブは付いてませんが、プランで特別にセットされてました。

バスローブだとお風呂上がりが楽ちんですよね。

アメニティ

これが目当てと言っても良いぐらい楽しみにしてたアメニティ。

関西のホテルではこちらのみの取り扱い《Maison Margiela/REPLICAシリーズ》のアメニティセット。香りはJazz Clubで男性でも女性でも良いようにしているのかな?と思いました。

オリジナルポーチの中には、ブラシ・コットン&綿棒、シェイバー・シェイバークリームが入ってました。

またこちらの唯一の欠点になってしまうのかな…というのが、

ホテルの地下に電車が走っている為、始発〜終電までの時間、電車の騒音や振動などを感じてしまうので、気になる方ように、オリジナルの耳栓が用意されてました。
※私は5階のお部屋でしたが、耳栓を使う程ではなかったです。

ミニバー

シンプルながら必要な物をセンス良く取り入られているミニバー。

支払い方法にチェックアウト時のレセプションでの支払いと、コード決済にも対応されていました。

嬉しいのがお部屋のドリップコーヒーが、ホテル1階にあるブルックリンのコーヒーを楽しめます。

テラス

今回本当にこの部屋にして良かったと心から思えたこちらのテラス。

こちらのホテルでは、私が泊まった「リバービューダブル」と「リバービューレジデンス」のお部屋タイプのみにテラスが付いてます。

夕方にはライトアップされさらにムーディーに。

お部屋に入った瞬間から、想像以上にここのテラスが気に入り過ぎて、カフェ巡りしようと思ってたのを辞めて、ホテルでのんびり過ごす事にしました。

まだ虫が気になる季節なので、そこが残念ですが、蚊取り線香が用意されていて(こういう細かい所まで配慮されているのが嬉しい!)なんだか懐かしい香りだな〜と思い出してました。

チェックイン後に一旦お茶して、買い出しして部屋飲みして、目覚めの朝からコーヒー飲んで、ってずっとテラスにいた気がします。笑

R(屋上)ルーフトップテラス

私はお部屋のテラスが居心地良すぎて利用はしなかったですが、ホテルの屋上にもテラスがあり宿泊者は自由に利用出来ます。

6階のレセプションから階段で上がるんですが、またこの場所がセンスの塊!笑

素人の私が撮っても何だかオシャレな写真になるマジック。やっぱりここ大阪じゃなくてニューヨークかな?と錯覚します。

夜は一段と素敵なので、北浜の夜景を楽しみながらぜひゆっくり過ごして下さい。

6F レセプション・スナックバー

チェックインなどは全てこちらで。

広々と開放感もあり、1つ1つのインテリアがとっても素敵でした。

ここに置いてあるおもちゃは、お部屋に持っていって遊んでもいいし、ここでお酒を飲みながら遊ぶ事も出来るそうです。

またスナックバーで販売しているドリンクなどはルーフテラスにも持って行けるそうです。

チェックイン時に北極のアイスキャンディーを頂きました。懐かしい笑

これ大阪の人以外って知ってるんでしょうか?大阪では昔からある定番アイスキャンディーです。

2.5F 製氷機・ランドリー・自動販売機

自動販売機もオシャレなデザインに。洗濯〜乾燥までも出来るので荷物を減らして来ることが出来るのが嬉しいですね。

電子レンジもありました。

別館(提携カフェ:OPTIMUS cafe)での朝食

ホテルから2軒隣りのカフェが朝食会場となります。

こちらのカフェ『OPTIMUS cafe』は、「お肉を食べない選択」というコンセプトのもと(環境保護や、動物保護の意味合いがあるそうです。)

お肉を使わない身体に優しいオーガニック食材を中心のメニューで、ベジタリアンやビーガンのお食事メニューも対応されていました。

私はどちらでもないので詳しくないのですが、同じ時間帯にいたお客様のオーダーにいろいろ提案されてメニューをアレンジされていたので、その方はとっても喜ばれてました。

大阪にはまだまだこういったお店が少ないので、ベジタリアンやビーガンの方が多い海外からの観光客の方にも喜ばれそうですね!

店内も自然を感じるインテリアで居心地が良いです。

左がモーニングメニュー

こちらのカフェで、『THE BOLY OSAKA』宿泊者限定モーニングメニューが用意されていて、3種類から選択出来ます。

アボカドトースト🥑・フレンチトースト・ピーナツバタートースト🥜がありますが、私はフレンチトーストを。

朝からヘルシーなモーニング。シナモンの効いたフレンチトーストに、塩が少し入った生クリームが絶妙に美味しかったです。

サラダもナッツなどの食感も楽しめ食べ応えがありお腹もいっぱいになりました。

今回はずっと宿泊するのを楽しみにしていたホテルで期待も大きかったんですが、それを上回る、ホテルのデザインや洗練された空間、そこで過ごす上質な時間に、ホテルスタッフはもちろんカフェのスタッフの方のフレンドリーかつ心のこもったおもてなし…

本当に全てが素晴らしく、たくさんの方にオススメ出来るホテルです。

今回もYouTubeでVlogとして動画を上げています。ご覧頂ければ嬉しいです。

【Vlog#33】大阪一!のオシャレブティックホテル♫THE BOLY HOTEL

それではまた。

※記事に掲載している内容は公開日時点の情報です。変更される場合がございますので、お出かけの際はHP等で最新情報のご確認をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました